やってはいけないローン審査での注意点

おまとめローンの審査で断わられない為に、絶対してはいけないこと。

ローンに申し込む前にここをチェック!

検索

お薦め広告

必要以上にお金を借りすぎない。

借入額は少ない方が審査に通りやすいので、必要以上のお金を借りようとすると審査に落とされる可能性があります。借りすぎには注意し、借金全額を返済できる金額か、それが無理であれば何社かの借金を1本化できるだけの金額を希望金額としましょう。借金の返済は、その借金を完済するまでは絶対に新しい借入をしないという強い心構えと、日常生活の安定したリズムを保つ強い意志が必要になります。

 

年収を偽って書かない。

借入額にもよりますが収入証明書や源泉徴収票などの提出を求められるとすぐに本当の年収を知られてしまいます。2010年の総量規制により、消費者金融では年収の3分の1を超える貸付けができなくなりましたが、おまとめローンを取り扱う銀行ローンならそのような規制はないので絶対に年収のウソをつくのはやめましょう。

 

他社利用件数はバレるから正直に申告する。

借金が多いと審査が通りにくいと思って、他社利用件数を少なく申告するべきではありません。ローン会社は個人信用情報機関に照会して、他社の借入れがどのくらいあるかを調べることができるので、ウソが通用しないのです。借入れ件数を正確に書かないと信用問題に関わり、審査に通らなくなる可能性が上がってしまいます。

 

勤務先は正直に記入する。

以前勤めていた会社を退職したにも関わらず、そちらの方が信用度が高いと思い、まだ在籍しているとウソをつく方がいます。しかし、勤務先には必ず在籍確認の電話があるので、その嘘はすぐにバレてしまいます。虚偽の申告があるとまず審査に通らないと考えておきましょう。

 

戻る

用途・目的に応じた分類

Page Top